夏野菜食べて猛暑を乗り切ろう!!!

ありがとうございます、西坂です。

土用丑も終わり8月に入り、暑い日が続いていますね。私事ではありますが、誕生日を迎えました。気持ちを新たにまた仕事も頑張っていきます☆

今回は夏野菜についてみなさんにお伝えしたいと思います!

さて、夏野菜というと何を思い浮かべますか?

夏野菜にはトマトきゅうりピーマンゴーヤ冬瓜などがあります。

冬瓜は漢字に「冬」という漢字が使われていますが、実は夏が旬の野菜です。私も料理教室の先生に教えてもらって知りました!「冬までもつ」というのが名前の由来です。

野菜は旬の時期に一番栄養が高くなります。また、その時期に必要な栄養素が詰まっています。夏野菜には水分カリウムを豊富に含んだものが多く、クールダウンをしてくれます。トマトやきゅうりなど生で食べられるものが多いので、夏に不足しがちな栄養素を簡単に補給できるのが夏野菜の長所です。


次に夏野菜それぞれに含まれる栄養価を見てみましょう!100gあたり

  水分

カリウム(mg)

βカロテン(μg) ビタミンC(mg)
トマト 94 210 540 15
きゅうり 95.4 200 330 14
ピーマン 93.4 190 400 76
ゴーヤ 94.4 260 210 76
冬瓜 95.2 200 (0) 39

トマトには抗酸化作用のあるβカロテンのリコピンが多く含まれています。夏は紫外線やストレスなどで肌がダメージを受けやすい季節です。抗酸化作用のあるトマトを食べて肌の老化を防ぎましょう!また、リコピンは加熱したほうが吸収率が上がります。ビタミンEと一緒に摂取することでより高い抗酸化作用が期待できるのでオリーブオイルでの調理がおすすめです。

ピーマンとゴーヤにはビタミンCが豊富です。ビタミンCにはコラーゲンの合成を助け、メラニン色素の沈着を防ぐという働きがあり、美肌効果があります。また、ビタミンCは調理によって壊れやすいのが難点ですが、ピーマンとゴーヤに含まれるビタミンCは加熱しても壊れにくいため油で炒めても吸収率が下がる心配はありません。

なんといっても夏野菜は濃いはっきりとした色が特徴です。食欲の落ちる夏にもビタミンカラーは食欲を促進させてくれます。

夏に必要な栄養をたくさん含んみ、ビタミンカラーで食欲を促進してくれる夏野菜をたくさん食べて暑い夏を乗り越えましょう!!!

きゅうり

最後に
この写真は私の実家のグリーンカーテンです。
たくさんのきゅうりがとれますよ~
今日も採れたてきゅうり食べます!

管理栄養士 西坂紗央里

うなぎは万能食材!

ありがとうございます、西井です。
暑い日が続きますがいかがお過ごしでしょうか?

ところで、この暑い夏を乗り切るスタミナ食としてうなぎがいいと言われていますが、一体いつ頃から夏にうなぎを食するようになったのでしょうか?

万葉集、巻十六  759年(天平宝字3年)
「石麻呂に 吾物申す 夏痩せに よしと云う物ぞ うなぎ取り召せ」 大伴家持

とありますから、なんと1,200年以上も前から夏バテにはうなぎ、と言われていたことがわかります。

今のように庶民が土用の丑にうなぎを食べる習慣が一般化したのは江戸時代中期の万能学者 平賀源内が夏場にうなぎが売れなく、困っていたうなぎ屋さんに「本日、土用の丑」と張り紙をしたところ大繁盛したことがきっかけと言われています。
丑の日に「う」のつくものを食べると病気にならないという風習もあつたことから、次第に定着するようになりました。

うなぎは「美容食」といわれるほど栄養価が高い食材です。
免疫力を高め、疲労回復効果のあるビタミンA,B群,Eや、骨粗鬆症予防に必要なビタミンDコレステロール値を低下させ、動脈硬化を防ぐEPADHAを豊富に含みます。
その他、鉄分を含むため貧血予防、またコラーゲンビタミンA,Eは抗酸化作用があり、アンチエイジング効果や美肌効果が期待され、女性に嬉しい食材ともいえます。
栄養豊富なうなぎですがビタミンCが含まれないため、ビタミンCを含む野菜などのメニューをプラスすることでより栄養価が期待できます。

100gあたり

 

うなぎ

(蒲焼)

さば

(焼き)

たい

(焼き)

牛肉

(モモ 焼き)

ビタミンA(μg) 1500 20 26 0
ビタミンB1(㎎) 0.74 0.22 0.04 0.10
ビタミンB2(㎎) 4.1 0.32

0.06

0.27
ビタミンD(μg) 19.0 1.3 1.0 0

DHA(mg)

 1300  1500  890

 0

 

またうなぎの薬味に山椒があります。
漢方薬としても使われる山椒には胃腸を温め、消化を促進する効果があります。
栄養満点である反面、油っぽく消化に悪いうなぎに山椒を組み合わせることによって消化を助ける効果が期待されます。そのため胃腸の働きが弱まる夏場にはぴったりの食材ともいえるのです。

うなぎを食べて暑さに負けない健康美人になりましょう!

惣菜管理士 西井史恵

 

 

はじめまして^^

初めまして!
デリカスイト新入社員の西井、西坂、福井、山です。

聞いてうれしい健康情報や季節の話題をたくさん届けていきたいと思い、Communication Square  略して こみゅすけ を立ち上げました。

どうぞよろしくお願いします。