夏バテしていませんか?

ありがとうございます。福井です。

熱戦が繰り広げられたリオデジャネイロオリンピックが終わってしまいましたね。卓球女子団体の3位決定戦は、私も銅メダルを獲得するまで見入ってしまいました。閉会式の日本のパフォーマンスも素晴らしく、今から4年後の東京オリンピックが楽しみです!

さて今回は、夏の暑さからくる夏バテについてお伝えしたいと思います。

夏バテというと、身体がだるい、食欲がない等の軽い症状が思い浮かびますが、実はうつ病などの精神的な疾患を発症することもあるのです。
では、なぜこの夏の時期に体調を崩しやすくなるのでしょうか。

原因は、暑さによって食欲不振となり栄養不足を引き起こしていること、室内と屋外の温度差が自律神経の乱れ引き起こしていることです。自律神経が乱れると、体温調節機能が低下するため、頭痛やめまいなどの症状が現れます。
また、暑いと冷たい物を多く摂りすぎてしまいがちです。これにより胃腸が冷えて胃の働きが低下してしまうので、さらに食欲がなくなるのです。他にも、疲労や睡眠不足が原因として挙げられます。
夏バテになってしまったら、しっかりと栄養を摂り、体を休めることが一番なのです!


そこで、夏バテに効く食材を紹介します。以前紹介された鰻や夏野菜もその一つですので、参考にしてくださいね。

①ニンニク
 ニンニクにはアリシンが多く含まれており、これはニラやネギにも含まれる成分です。ビタミンB1の吸収を高め、その効果を持続する働きがあるため、エネルギーの代謝がよくなります。また、ニンニクには食欲増進効果もあり、夏バテには最適な食材です。

②梅干し
 梅干しはクエン酸が豊富で、疲労物質である乳酸を分解し体外に排出してくれるので、疲労回復に効果があります。スポーツをする際に、レモンのはちみつ漬けがいいと言われるのもこのためです。他のかんきつ類にもクエン酸は含まれますが、やはりレモンに一番多く含まれています。

可食部100gあたり

  レモン グレープフルーツ オレンジ
クエン酸(g) 3.0 1.1 0.8

③モロヘイヤ
 モロヘイヤのネバネバ成分であるムチンは、弱った胃腸の粘膜を保護してくれます。オクラややまいも等ネバネバした食材にはこのムチンが含まれています。ムチンは熱に弱いので、生で食べることをお勧めします。

④甘酒
 冬の飲み物というイメージが強い甘酒ですが、実は夏の季語なのです!江戸時代には、天秤棒を担いで甘酒を売り歩く甘酒屋が夏の風物詩だったようです。「飲む点滴」と言われるほど栄養満点なので、栄養不足が原因の夏バテには最適な飲み物です。また、整腸作用や美容にも効果があるなんて、嬉しいですよね!冬は温めて飲みますが、夏は冷やして生姜を入れると、さっぱり飲めて生姜の効果で血流がよくなり体も温まりますよ。

この他にも、レバーや豚肉、ワサビや唐辛子などの香辛料も疲労回復や食欲増進に効果があります。ここまで、夏バテに効く食材をいくつか紹介してきましたが、何より栄養バランスの良い食事を1日3食しっかり食べることが大切です。そして、十分な睡眠をとって、厳しい残暑を乗り越えましょう!

最後に
先日、大学の友人に会いに石川県に行ってきました。海がとてもきれいで、足だけ浸かったのですが、ようやく夏らしいことができて満足です!
みなさんもリフレッシュの時間を大切に、心から健康になりましょうね♪
image

撮影:石川県 松任海浜公園

惣菜管理士 福井里菜

夏野菜食べて猛暑を乗り切ろう!!!

ありがとうございます、西坂です。

土用丑も終わり8月に入り、暑い日が続いていますね。私事ではありますが、誕生日を迎えました。気持ちを新たにまた仕事も頑張っていきます☆

今回は夏野菜についてみなさんにお伝えしたいと思います!

さて、夏野菜というと何を思い浮かべますか?

夏野菜にはトマトきゅうりピーマンゴーヤ冬瓜などがあります。

冬瓜は漢字に「冬」という漢字が使われていますが、実は夏が旬の野菜です。私も料理教室の先生に教えてもらって知りました!「冬までもつ」というのが名前の由来です。

野菜は旬の時期に一番栄養が高くなります。また、その時期に必要な栄養素が詰まっています。夏野菜には水分カリウムを豊富に含んだものが多く、クールダウンをしてくれます。トマトやきゅうりなど生で食べられるものが多いので、夏に不足しがちな栄養素を簡単に補給できるのが夏野菜の長所です。


次に夏野菜それぞれに含まれる栄養価を見てみましょう!100gあたり

  水分

カリウム(mg)

βカロテン(μg) ビタミンC(mg)
トマト 94 210 540 15
きゅうり 95.4 200 330 14
ピーマン 93.4 190 400 76
ゴーヤ 94.4 260 210 76
冬瓜 95.2 200 (0) 39

トマトには抗酸化作用のあるβカロテンのリコピンが多く含まれています。夏は紫外線やストレスなどで肌がダメージを受けやすい季節です。抗酸化作用のあるトマトを食べて肌の老化を防ぎましょう!また、リコピンは加熱したほうが吸収率が上がります。ビタミンEと一緒に摂取することでより高い抗酸化作用が期待できるのでオリーブオイルでの調理がおすすめです。

ピーマンとゴーヤにはビタミンCが豊富です。ビタミンCにはコラーゲンの合成を助け、メラニン色素の沈着を防ぐという働きがあり、美肌効果があります。また、ビタミンCは調理によって壊れやすいのが難点ですが、ピーマンとゴーヤに含まれるビタミンCは加熱しても壊れにくいため油で炒めても吸収率が下がる心配はありません。

なんといっても夏野菜は濃いはっきりとした色が特徴です。食欲の落ちる夏にもビタミンカラーは食欲を促進させてくれます。

夏に必要な栄養をたくさん含んみ、ビタミンカラーで食欲を促進してくれる夏野菜をたくさん食べて暑い夏を乗り越えましょう!!!

きゅうり

最後に
この写真は私の実家のグリーンカーテンです。
たくさんのきゅうりがとれますよ~
今日も採れたてきゅうり食べます!

管理栄養士 西坂紗央里